総量規制とは【金融関係の重要な法律】

総量規制

賃金業法の改正により、個人のローンは、総量規制の範囲内での貸付となりました。

 

総量規制とは、個人への借り入れの上限を年収の3分の1までにする決まりであり、

 

個人への融資を行っている消費者金融や信販会社などが対象となります。

 

総量規制の対象外となるのは銀行であり、
銀行カードローンは年収による貸付制限はありません。
銀行は、銀行法で管理されています。

 

賃金業法の改正により変化したことは、借り過ぎの心配が無くなったことです。

 

総量規制の対象となるローンにおいては、年収の3分の1を超えた金額を借りようとしても不可となります。

 

銀行は対象外となりますが、銀行カードローンは元々審査は厳しい傾向であり
返済目途が曖昧な融資は当初から行ってもらえません。。

 

個人への融資を行っている消費者金融は、総量規制の対象となりますが、例外も存在します。

 

総量規制では、消費ではない貸付の場合においては、対象から除外となるケースがあります。

 

例えば、事業資金、ローン一本化などを目的とした貸付が総量規制の例外に該当します。

 

これらは消費とは判断されないため、総量規制の対象外となるのです。

 

総量規制の詳細は、「日本賃金業協会」のHPが参考になります。
お金を借りる前に確認願います。

 

↓↓本当にお金に困った時に頼りになる方法↓↓

総量規制とは【金融関係の重要な法律】

>>お金に困った時に頼りになる方法の詳細こちらから<<

1.安心・安全な大手消費者金融をを利用する!

大手消費者金融ならサービス豊富なので借入も返済も即日借りるときも安心できます!

2.最短即日発行のアコムACマスターカードを利用する!

アコムACマスターカードなら最短即日発行が可能なので急いでいる方に最適です。

3.クレカがあればクレジットカード現金化を利用できる!

審査&在籍確認なし!即日に現金を入手できます!
※クレジットカードのショッピング枠は必要です。

4.正式な届け出のある中小消費者金融を利用する!

・困っているからと言って闇金に手を出してはならないです。
・正式な中小消費者金融を利用する方法はありますが必ず審査はあります。

5.既に借金返済に困ってるなら一人で悩むのは辞めましょう!

3件以上の借金がある方は、中小消費者金融でもお金を借りることは難しいです。
・借入審査で何回も断られるより、一度借金整理を検討してみてはどうでしょうか?
 今までの借金を全て返済できるかもしれません。
※いきなり相談ではない借金減額診断という無料で使えるツールがあります!

無料ツール【借金減額診断】《全国24時間365日受付》

[お金を借りる時に注意するポイント]の関連記事

賃金業法の改正により、個人のローンは、総量規制の範囲内での貸付となりました。総量規制とは、個人への借り入れの上限を年収の3分の1までにする決まりであり、個人への融資を行っている消費者金融や信販会社など...

今では、クレジットカードがキャッシングに使えることは、珍しい話ではなくなってきています。カード決済がしたくてクレジットカードを作ったという人でも、付帯サービスとしてキャッシングをすることができる訳です...

多重債務になってしまわないように、キャッシングを利用する時に知っておきたいことは、どんなことがあるでしょうか!もし、クレジットカードやキャッシングを使う機会があったら、忘れないうちに使ったことをどこか...

お金を借り過ぎてしまい多重債務に陥った人を騙して、お金を巻き上げようとする人がいます。キャッシングの返済に行き詰まり、精神的に追い詰められているような人に目をつけて、甘い言葉で歩み寄って来て、言葉巧み...

トップへ戻る